使わなくなったらリサイクルで長く活用しよう!

おままごとといえば、野菜に果物に小さな小さなお皿。この小さなお皿にたくさん乗せて運ぶんだけれど、大きさも形もバラバラな素材たちはすぐに落ちしまって子供は「きぃーーー」っと怒ってしまう。なんてよく見る光景ですよね。それを見て思いついたのが、赤ちゃんの時に使っていたお皿です。離乳食の時に使っていたお皿、手掴みしていた頃に使っていた3つ仕切りのついたお皿。たくさん食べるようになって、もう使わなくなってしまったお皿をおままごとに再利用します。おもちゃのお皿よりもたくさん乗せられて運びやすいですよ。もし使っていないお皿があったらおままごとに利用してみてください。ただし、安全性や重さを考えて、素材は割れないプラスチックなどのものを使用してくださいね。

100均でOK!お買い物ごっこにはコレ!

100円ショップで買った小さなかご、おうちに余っていませんか?取っ手が付いていたらなお使いやすい!何となく便利だから買ったけれどサイズが合わないなどで適当に物入れになっているかごはありませんか?これがお買い物ごっこのかごに使えるのです。子供はかごが大好きで、スーパーでも持ちたがるし、おうちにあったらおもちゃでもお人形でも何でも入れて持ち歩きます。おままごとにかごを使えば、食材はスーパーでお買い物をして、それをおうちで料理するという一連の流れも教えてあげられます。そして最大のメリットが、お片付けしやすいということ。かごに入れるだけならば子供でも簡単にお片付けできますね。

みんな大好きラーメンはプラスチックチェーンで!

100円ショップでは自分で繋げるタイプのカラフルなチェーンが売っていますが、ホームセンターなどでも手に入るプラスチックチェーン。これが子供の大好きなラーメンに大変身するのです!毛糸より扱いやすいし子供も大喜び間違いなしです!色は何でもいいのですが、黄色だとよりラーメンっぽくなりますね。もちろんラーメンでなくてもうどんでも焼きそばでもなんでもOKですよ。ただ、使用上の注意がいくつかあります。まずチェーンが外れないようにしっかり繋げること、子供さんにお口に入れないように、首にまかないようにきちんとお話してあげるといいですね。3歳以下のお子さんの場合は親が一緒に遊んであげるといいかもしれません。

木のおもちゃのままごととは木を素材としてできた子供のおままごとのおもちゃのことで自然な風合いや手触りを楽しむこともできます。