着用する人の好みで変わるカラー

自分用であれプレゼントに贈る人用であれ、メインで着用する人の嗜好や性別、年齢によって大きく異なり、また良く考えて選ばねばならないのは腕時計のカラーでしょう。年配の男性にプレゼントするのに女性が着用する様なピンクベースの腕時計は贈れませんし、その逆もまた然りです。自分用に選ぶのなら購入するのも自分自身ですから、完璧なカラーチョイスが出来るのですが、仮にプレゼントするとなった場合、その人の性別や年齢層はすぐに分かるとしても、好みは予めリサーチしておいた方が良いですよね。

デザインは無難なタイプが万人受けするもの

一方腕時計のデザインに関してですが、受けを狙ってあまり奇異なものを選ぶよりも、多少地味でも実用に耐える無難なデザインの方が多くの人に好まれ、プレゼントに贈っても長く愛用してもらえるものです。デジタル表示かアナログかはそれこそ贈る人の好みに依るところですが、ビジネスメインでカジュアルにも転用する程度の使い方の場合であれば、一般的なアナログタイプで十分事足りるもの。使いこなせない追加機能満載のデジタル時計よりかは喜ばれる可能性は高いものです。

文字盤やベルトのサイズはベストを探るのが難しい

身体の各部位に関するサイズはおおよそ理解出来ていても、腕時計を着用する手首周りの長さを正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。それだけ贈る人の手首のサイズを想定して腕時計をチョイスするのは難しいものです。確かにある程度ベルトの調整は出来ますが、それによってバランスを取られる事の多い時計本体・文字盤のサイズまで変更を加える事は出来ません。手首が細くメンズ腕時計の文字盤がバランス的に大きすぎるという男性もいますし、逆に小さすぎるという女性もいるもの。こうした中失敗せず腕時計をチョイスする為に、やはり事前に直接訊いたり計らせてもらったりといった調査が必要となるケースは多いのです。

IWCは国際捕鯨委員会のことです。1948年に鯨類資源管理を目的に設立、1951年に日本が加盟しました。当初は鯨類資源の持続的可能な利用を目的としていましたが、現在では捕鯨の是非論で紛糾しています。