機能的には既に限界に

時計、と言うのは人によっては、コレクションの対象になります。元々、高級品であり、持っていることがステータスでもあったほどです。しかし、今では安い物では100円均一で売っていますし、或いは高い物では億円単位で売っています。それほどまでに差が出ているわけです。但し、時計としての機能に関してはそこまで高級ではなくも使えるようになっています。正確に時を刻んでくれる、耐衝撃が良い、と言う点に関しては数万円も出せば相当に良いのが買えます。

価格差はどこから出るようになったのか

価格差はありますから、その差の違いをよく見たほうが良いです。時計としての機能よりもデザインやブランド、或いは宝飾に関してのことで差がついている場合が多いです。例えば、極端に高級な時計は手作りが多いです。自作のムーブメントでゼンマイから手作りです。そのレベルの手作りであり、こうした物は最低でも数十万円、或いは百万円以上することが最低です。それなりに高い時計はいくらでもありますが、このクラスになりますと実用性よりも機械美を意識しています。

高いかどうかについて

結局のところ、時計の良いところは時間を見ることです。ですから、それが最低限、機能としてあるのであればそれでよい、という考えはありです。しかし、伝統や技術を生かした素晴らしい時計があるのも確かであり、それは手作り故にメンテナンスも大変です。それでも手作りの時計は根強い人気があります。そこまで拘らないのであれば、デジタルでも良いですし、アナログでも技術的に優れている物が多くあります。今は宇宙で使える時計が個人でも買える時代です。

オメガは、19世紀半ばにスイスで創業された高級腕時計メーカーです。宇宙船内での使用にも耐えうる耐久性、スポーツイベントでの公式計時に用いられるほどの正確性が特徴です。